肌に優しい化粧品を使用しよう!無添加やオーガニックの化粧品が支持

30代のスキンケア

スキンケア

保湿力の高いスキンケア

30代に差し掛かると目元のシワや毛穴の開き、肌が乾燥してくる等の20代の頃とは違った肌の変化が気になってきます。このように20代の頃とは違った肌の悩みが出てきたら、今まで使っていた基礎化粧品を一度見直してみるのはいかがでしょうか。20代の肌はニキビができやすく、皮脂の分泌量が多いのに対し、30代以降になると肌の中の水分量が減り、肌の弾力やハリが失われていきます。したがって30代からの基礎化粧品選びは、保湿効果の高い成分が入ったものを選ぶとよいでしょう。保湿力の高い成分は主にセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンがあげられます。セラミドは体内の水分を保持する役割があり、更に水分の蒸発を抑える役割をします。しかしセラミドは高価な材料の為、化粧品に含まれる含有量はごくわずかです。セラミドの含有量が高い化粧品を選ぶなら、値段が少々高い物を選ぶとよいでしょう。ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に多く存在し、肌の保湿性やハリを維持し、シワやたるみを抑える働きがあります。コラーゲンはたんぱく質の一種です。肌のハリや弾力を維持する為に重要な役割をになっておりますが、年齢とともに減少するため、コラーゲンが不足すると肌のたるみやシワの原因になります。以上の成分は元々人の体内にある成分ですが、年齢を重ねると減少していきます。30代になるとこれらの成分が体内から減少し、体内の水分量が減少することにより乾燥やシワが気になり始めます。化粧品を選ぶときは以上のような保湿成分が含まれているかを心掛けて選ぶようにしましょう。

Copyright© 2018 肌に優しい化粧品を使用しよう!無添加やオーガニックの化粧品が支持 All Rights Reserved.